圧倒的実績を誇るジャーナリスト

高橋ピョン太氏。パソコンゲーム総合雑誌『ログイン』の編集長を経て、株式会社アスキーにて新規事業としてネットワークコンテンツ事業を開始(1997年)。以来、PC、コンシューマー向けのネットワークコンテンツの開発、運営に携わり、1998年に株式会社セガ(現:株式会社セガゲームス)に出向。

2002年出向の任が解かれアスキーを退社。その後、株式会社コンポジット(株式会社ドワンゴ子会社)の取締役に就任しモバイル中心のコンテンツ事業に転向。 コンポジットでは総合着信メロディサイト『いろメロミックス』の企画制作、運営に携わり、ケータイコンテンツのメディア化を目指し邁進。

2005年4月親会社である株式会社ドワンゴとの合併準備のため、ドワンゴに転籍し執行役員に就任。

2006年、株式会社オレンジリーフ設立。現在も、VR・ゲーム、と幅広く取材を続けるジャーナリストとして活躍中。

関連記事

  1. CFO/資本政策/事業作りのプロフェッショナル

  2. 投資家/マーケティング/コミュニティビジネスの権威

  3. メディア事業のプロフェッショナル

  4. 女性向けプログラミング教育のプロフェッショナル

  5. エンタメビジネスのプロフェッショナル

  6. コミュニティビジネスのプロフェッショナル