マスメディア、デジタルメディア、オウンドメディア、業種、業態問わず全メディアが対象です。