飲食店売買(M&A)

M&Aとは

買収はM&Aの一形態であり、そもそも、M&Aはmergers(合併) and acquisitions(買収)の略語です。

飲食店業界は市場縮小傾向に歯止めがかからず、飲食業界では会社を存続させるためにさまざまな経営判断が求められています。倒産件数も増加しており、ご相談や後継者不足による事業継承のご相談が増加傾向にあります。

日本では事業承継に関する融資制度、書い手の支援も整っております。

M&A業務の流れ

売却希望のオーナー様のお悩み、解決します

店舗の価値、企業の価値を査定致します。
後継者に関する心配もお任せください。
従業員の雇用も維持します。
費用の削減、書類作成等の事務手続きの手間を省きます。

購入希望のオーナー様、ご相談ください。

事業規模に合わせてご紹介致します。
多業態もご紹介致します。
全国対応致します。

手数料テーブル(レーマン方式)

譲渡金額手数料率
5千万円以下の部分5%
5千万円超 1億円以下の部分4%
1億円超 5億円以下の部分3%
5億円超 10億円以下の部分2%
10億円超 50億円以下の部分1%
50億円超 100億円以下の部分0.5%
100億円超の部分0.25%

手数料例

譲渡金額成功報酬総額 (税別)
2,000万円の場合100万円
5,000万円の場合250万円
1億円の場合450万円
5億円の場合1650万円
10億円の場合2650万円
50億円の場合4650万円
100億円の場合9650万円

※最低手数料は100万円になります。2000万円以下の譲渡金額が対象になります。
※着手金、アドバイザリーフィーなどはいただきません。
※基本合意に達した時点で10%の一時金を申し受けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です