Loading

メディアインキュベートとは

代表取締役:浜崎正己

代表取締役社長:浜崎正己

メディアインキュベートだからこそ提供できる強み

代表取締役である浜崎は、創業前に、
・大手紙メディア
・大手ポータルサイト
・女性向けメディア
・経済メディア
・動画メディア
・コミュニティサイト
など複数メディアの立ち上げ・運営に携わり、編集・ディレクション・営業・マーケティングを担当。現在は、大手通信キャリアや大手新聞社他、「ゲーム」「VR」「民泊」「就職」「教育」「地方創生」「映画」「ベンチャー」「インバウンド」「ヘルスケア」「リフォーム」「美容」「通信」「オープンイノベーション」など、幅広いメディアの支援を行いながら、イベントの事務局やPR・マーケティング業務を担う。

自社でも、ローカルメディア「佐倉志津新聞」などを運営しながら、複数の自社事業を展開中。包括的にサービスを提供できるのが強みです。自社メディアも運用しており、リアルタイムでノウハウの共有と支援が可能です。

インキュベートとは何か

インキュベート(incubate)をデジタル大辞泉でひくと、

1 培養。保温して育成すること。「細胞をインキュベートする」
2 設立して間もない企業や起業家などへの支援・育成。「ベンチャー企業をインキュベートする」

などの意味とされています。

メディアインキュベートは、「メディア」を育成し、支援していくことを事業として行っていく企業です。「メディア」を通した起業家やベンチャーの支援も行っていきます。また「メディア」を作りたいと思っている方々、より「メディア」を成長させたいと思っている方々の支援も行っています。

支援だけでなく、自社でも「メディア」を立ち上げ、成長させていきます。

メディアとは何か

メディア(media)をデジタル大辞泉でひくと、

《medium の複数形》
1 媒体。手段。特に、新聞・雑誌・テレビ・ラジオなどの媒体。「マス―」「マルチ―」
2 ⇒記憶媒体

などの意味とされています。

WEBメディアにおいても、1次メディア、2次メディア(ポータルサイト)、ソーシャルメディア、キュレーションメディア、まとめサイト、バイラルメディア、とさまざまな種類があります。総務省が発行している情報白書ではテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、パソコンでインターネット、スマートフォンでインターネット、携帯電話(スマートフォンを除く)でインターネット、タブレット端末でインターネット、ゲーム機でインターネット、など端末ごとにメディアへの接触時間をまとめています。

また、近い概念として、マスコミとメディアの違いが論じられます。マスコミとは、英語のmass communication(マス・コミュニケーション)から取った略語です。マスは「大衆、大量」といった意味を持ち、コミュニケーションは「伝達」の意味を持っています。新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・映画などのマスメディアを通して、不特定多数の人々に大量の情報が伝達されることを言うでしょう。マスコミは「伝達」で、メディアは「媒体」とされています。

弊社はそのメディアを通して営まれる事業を包括的に行う企業です。

メディア運営で必要とされること

メディア運営では、さまざまなことが必要とされてきます。

1.編集:記事の執筆、ライティング、コンテンツ配信を行う・配信を行う。
2.解析:アクセス解析、広告の効果分析などの効果検証。
3.デザイン:ユーザーに伝えやすくなっているのか。バナーなどの作成も。
4.機能開発:ユーザーがまた使いたいと思う機能を備えているか。
5.広告営業:顧客に価値を感じてもらえるようなメディアになっているか、フィードバック。

などが主に挙げられる機能でしょう。

このいずれも欠けては、メディアは上手くいかないのではないでしょうか。役割を複数で担う方も出てくるでしょう。横断的に行う方もいらっしゃるでしょう。その体制づくりをメディアインキュベートではお手伝いさせていただきます。いずれの機能もメディアインキュベートでは、担わせていただくことが可能です。数多くのメディアに携わってきたプロフェッショナルとして、メディアの運営・運用を支援させていただきます。

実際に運用が始まるまでには、

1.チーム作り
2.記事のカテゴリ決め
3.コンテンツのアイデア出し
4.コンテンツの生成方法を決める
5.スケジュールの管理

などの作業が必要となってきます。

それぞれの段階で必要なサポートをメディアインキュベートではさせていただきます。

コンテンツを設計する際には、ペルソナが普段からどんな悩みを持っていて、インターネットで検索する際にはどんなキーワードで検索するのかを想像します。その後にそのペルソナが必要なコンテンツのタイトルを考えて、用意するコンテンツを考えていきます。

読者に求められているコンテンツとしては、「最先端のトレンドやノウハウについてのコンテンツ」「海外の事例、国内の先端事例、他社事例のコンテンツ」「読者の時間やコストを削減できるコンテンツ」などがあげられるでしょう。

それらのコンテンツも目的によって発信する目的によってコンテンツの種類も異なります。SNSを活用して読者とのエンゲージメント(ユーザーの親密さ・結びつき・絆・共感)を高める場合はトレンドであるとか速報性の高い「ニュース」コンテンツが最適でしょう。またSEO対策を狙う場合はキーワードを意識した「辞書コンテンツ」であるとか、ブランディングを行いたい場合は「業界レポート」「ノウハウレポート」など異なってきます。またリピートを重視した場合は「連載コラム」「小説」など、継続して閲覧しに来る動機づけが必要になります。

また、BtoCの場合は月間・四半期ごとにレジャーやイベント・期末に沿った特集コンテンツも有効でしょう。BtoBの場合は、トレンドの解説記事や企業の事例を取り上げるコンテンツは、企業内部でも検討しやすいコンテンツとして効果を発揮するでしょう。

メディアを運営していく上で、マネタイズも非常に大切な要素です。
メディアのマネタイズ方法としては、7つ挙げられるのではないでしょうか。

1.広告:バナー、テキスト、メルマガ、タイアップ、アフィリエイト、ネイティブアド、など
2.有料課金:ある一定のコンテンツは無料で見せ、限度を超えると課金する「メーター制」や、有料会員のみ見れる会員制度など
3.教育・講演:メディア運営を行う人材を活用して、ライター・編集講座など。専門知識を活かして講演活動。
4.イベント:メディア独自のセミナーを開催して、参加料やスポンサー収入を得る
5.EC・物販:集客力を活かして、メディアのコンセプトに即した商品の販売。
6.データ販売:メディア独自のデータを活用して、リサーチ・レポートなどの販売。
7.マーケティング:メディア運営ノウハウを活用して、集客を支援

マネタイズの施策はさまざまありますが、メディアを作る際にまずはどこを目指すのか、何を目標とするのか。それによってマネタイズを図る手段も変わってきます。すなわち、効果計測を行う手段も変わってくるのです。

ウェブメディア事業の利益は下記の算出式で導き出すことができるでしょう。

(「PVあたり売上」−「PVあたり費用」)×「全体PV」

「PVあたり売上」は、上記マネタイズ手段を駆使して、段階に応じでどこに投資を行ったほうが良いのかを明確にし、投資を行っていきます。
「PVあたり費用」は、記事の制作費用やサイト制作・修正費用の内製化、外注化も関わってくるでしょう。段々と運営ノウハウを自社に貯めていき、取り組むべき点に注力することも大切です。

1.メディアづくりの包括的な支援(事業計画、取材、ライティング、編集、開発)
メディア運営を行う中で、編集だけでなく、開発ディレクションも行い、メディア事業の事業計画も策定しながらサービス作りを行います。オウンドメディア運用では、広報業務からマーケティングの支援も行います。

2.メディアの運用支援ツールの提供
メディア運営を効果的、効率的にするための支援ツールの提供を行います。自社でも運営・利用しており、目線の合った提案・支援を行うことができます。

3. メディアに特化した事業投資
自社でメディアを作るだけでなく、意欲のあるメディア運営者に向けた投資事業も行います。投資を行った後は、ハンズオンでメディア運用に悩んでいる企業の支援を行います。

4.    クリエーターのチーム組成を行い、プロジェクトを受注
弊社が展開するクリエイタープラットフォームでは、クリエイターの皆さんにビジネスパートナーを紹介します。法人向けには、優秀なクリエイターのチームがサービスをご提供いたします。個人のクリエイターの方には、チーム組成のお手伝いと、お仕事をご紹介いたします。

登録はこちらから

メディアの運用、メディアの立ち上げならメディアインキュベートへお問い合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

題名

メッセージ本文

会社名株式会社メディアインキュベート
設立2016年3月30日
代表取締役浜崎 正己
事業内容メディア特化の事業投資
メディアの運用支援
メディアの立ち上げ支援
自社メディアの運用
運用支援ツールの作成
住所〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目13番6号 サガミビル2階
連絡先masaki.hamasaki@media-incubate.com
PAGE TOP