Loading

マッチング

メディアの課題解決をするメディアインキュベートは、「メディアの課題を解決する商品やサービスをもつ企業」と、「メディア企業を結びつける」ビジネスマッチング事業を行なっております。


・メディアの課題を解決する商品やサービスをもつ企業
・課題解決にお困りのメディア企業
共にお気軽にご連絡いただければと思います。担当のコンサルタントより、ご連絡させていただきます。

メディアインキュベートは、リボルバーが開発したオウンドメディアプラットフォーム「dino(ディノ)」拡販のため、メディア立ち上げ・運用支援の実績を活かし、お客様企業がオウンドメディアやメディアの運営を効率的に活用できるよう包括的なサービス提供を行っています。リボルバーのファウンダー兼CEOである小川浩氏は「Web2.0Book」「仕事で使える!Facebook超入門」「ソーシャルメディアマーケティング」「アップルvsグーグル」などを著書に持ち、非常にネット業界に造詣が深い人物です。

そのリボルバーが開発したオウンドメディアプラットフォーム「dino」は、オウンドメディアの構築と運営に最適化したクラウド型の「CMS(コンテンツマネージメントシステム)」で、メディア運営に必要な機能がすべて揃っています。アカウント発行後すぐに自社メディアをスタートすることができ、既に大手企業や、大手紙媒体でも採用実績(実績一覧:http://dino.network/collection)があります。HTMLの知識がなくても、簡単にサイトを運営可能。サイト公開後も自由に設定を変更できるので、担当者自身の力でメディアを成長させることができます。

また、イベントプラットフォーム「everevo(イベレボ)」の運営、簡単すぐに使えるイベント管理クラウド「EventCreate (イベントクリエイト)」を運営する株式会社ネットスケット(本社:埼玉県上尾市、代表取締役:芥川 武、以下、ネットスケット)や、ビール女子」などのバーティカルWEBメディアとコミュニティマーケティングプラットフォーム「スポンサークル」を運営する株式会社京橋ファクトリー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:八木太亮、以下、京橋ファクトリー)、キュレーション・メディアプラットフォーム「FUKURO」を販売するしゃかいデザイン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:宇田川燿平、以下、しゃかいデザイン)と連携して、中小企業の『イベント事業』『コミュニティ化支援』『メディア化』を総合的に支援しています。

everevo(イベレボ)は2011年6月に始まった『人生を変えるイベントとの出会いを創出する』イベントSNSサービス。大手企業が開催するビジネスカンファレンスや「新事業創造カンファレンス&Connect!」や「日本ベンチャー大賞表彰式」の他、総理大臣が来る1000人以上が参加する表彰イベントから、少人数の勉強会や会合、さらには結婚式の2次会、街コン・パーティまで様々なイベントで使われているサービスです。

「自社セミナー」「勉強会」「懇親会」「交流会」「社内研修」「内覧会」「申込受付」「展示会」…世の中で毎日のように開催される様々なイベントがあります。「申込み受付」「申込者名簿の作成」「申込者とのコミュニケーション」「告知サイト作成」「受付フォーム作成」「サンキューメールの配信」「名簿作成」など、担当者はストレスのたまる多くの作業をこなさなければなりません。EventCreate(イベントクリエイト)はそんなイベント主催者、事務担当者の助けとなる『圧倒的に使いやすいイベント管理支援サービス』です。

「スポンサークル」はコミュニティと企業を結びつける「コミュニティマーケティング」プラットフォームです。コミュニティは企業からの依頼やタイアップを実施することで、提供品や謝礼をもらうことができ、一方、企業は自社で販売する新商品や新サービスのマーケティングやリサーチをコミュニティに向けて行うことができます。性別や嗜好性・ライフスタイルなどで属性の絞られたコミュニティとのマッチングを実現することで、ターゲット顧客への効率的なマーケティングの実施が可能です。

「FUKURO」は、しゃかいデザインが運営する伝統工芸のキュレーション・メディア「てしごとクラブ」の運用から生まれたもので、伝統工芸に関連するさまざまな情報が読者の興味に従って各ベージに見やすく配置されており、より詳しく知りたい人向けに関連情報へもワンクリックで素早くアクセスできます。東京都の両国地域の宣伝にも使われています。

メディアインキュベートは、メディアの課題解決を行うため、今後とも事業提携や自社商品の開発を続けてまいります。提携・ビジネスパートナーは随時募集しております。

過去にも提携先のオウンドメディアプラットフォーム「dino」と共に、オウンドメディアの支援事例として「【日本】オウンドメディアの設立・運営を支援するサービス」とご紹介いただいたり、

オウンドメディア研究所より「メディアの総合的な収益化支援事業」についてもご紹介いただいています。

メディアの課題解決をしたい、という思いを共有できると嬉しいです。メディアの方々からもお気軽に悩み相談、お問い合わせをいただければと思います。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

題名

メッセージ本文

PAGE TOP